捨てる前に!古着を役立たせるリサイクルの方法

>

いらなくなった古着はどうすると良いのか

そのまま再利用する

・売る
売るといっても方法はいくつかあります。
手軽なものは近くにリサイクルショップに持ち込む事。
店員さんが規定に沿って査定してくれ、買い取ってくれます。
対お店との取引となりため安心です。
最近増えているのがフリマアプリで売るという方法。
意外と高価な値がついたり、リサイクルショップでは買い取ってもらえなかったものでも売れたりするという魅力があります。
一方で、個人の人間を相手にするため、トラブルに発展してしまうというケースもあります。
そのほかでは地域のバザーで出店するなどの方法もあります。

・人にあげる
特に子ども服なんかはよく利用される方法です。
子どもは成長が早く、あまり着ていないうちからサイズアウトしてしまうことも多いため、比較的きれいな状態のままになっていることがあります。
親戚や友達など、少し年下の子供がいる人にあげれば環境にも、相手にも優しいリサイクルができます。

形を変えて利用する

・別の方法で利用する
例えば、ハンドメイド作品のパーツにするのもおすすめです。
かわいらしい生地であれば、バッグやちょっとした小物を作ることができます。
また、気に入っている変わった形のボタンなどは別の洋服につけて再利用することも出します。
生地自体が傷んでしまっていたり、汚れてしまっていたりなどの時には、ハサミで少し小さく切って、台所などの掃除につかってしまうのもアリです。
そのまま捨てられてしまうよりも最後まで利用するほうが気持ちいいですよね。

・寄付や寄贈する
古着の寄付を募っているところもたくさんあります。
国内でもありますし、海外にも古着を必要としているところはあります。
こちらについて、詳しくは後述したいと思います。


この記事をシェアする